2005/04/19

オールイン 実在のギャンブラー

 先週の土曜日(4/16)から、NHK総合テレビで「オールイン 」という韓国ドラマが放映されています。放映時間は、毎週土曜日の午後11:10~午前0:10で、全24話です。
 すでに、BSで2回放映されているので、ご覧になった方もいるかと思いますが、タイトルの「オールイン」はポーカーで言うところのオールインです。NHKの公式サイトでは「オールインとはポーカー用語で、持ち金すべてを賭博につぎ込む状況のこと」と説明されていますが、あえて突っ込まないことにしておきます。
 NHKの公式サイトでは、また、「原作は、実在のギャンブラー、チャ・ミンスの波乱万丈の人生を描いた小説「ALL IN」(ノ・スンイル著)」と書かれており、ドラマでは、ラスベガスで撮影されたという、WSOPの決勝テーブルっぽい場面(なぜかゲームは7スタッドです)があります(第1話の冒頭と、第16話の冒頭)。念のため書いておきますが、ポーカーの場面はほとんどありません。微妙にギャンブラーの話でもありません。
 で、実在のギャンブラーということで調べてみました。ら、あっさり分かりました。

 英語名はJimmy Chaで、CardPlayer.comではこのような情報、The Hendon Mob Poker Databaseではこのような情報がありました。プロとして今でも活躍していることは分かりましたが、WSOPに関しては残念ながらブレスレットは獲得していないようです。
 いろいろ調べてみると、プロとして活躍しているのは、ポーカーだけではないことも分かりました。ポーカーと並んで有名なのが、囲碁のプロとしての顔です。富士通杯という世界囲碁選手権に、北米代表として出場しています(第2、3、8~10、12、13、15回)。

 さて、いろいろ調べたので、ブログに掲載してみましたが、誰かの役に立つのでしょうか。

【2005/4/26追加情報】  紹介しているサイトにチャ・ミンスとJimmy Chaが同一人物であるかどうかを示すものがなかったような気がするので、囲碁関連のGoBase.orgというサイトの情報を紹介しておきます。囲碁のほうは韓国でプレーした時代があるので両方の名前が資料として残っていますが、ポーカーのほうでは一貫して英語名を使用しているようです。
 ポーカーでは、ホールデムオマハ7スタッドと、何でもこなすプレーヤーのようですが、最近の記録では優勝したトーナメントはないようです。

 それから、初めて当ブログに来る人も多いようなので、NHK公式サイトの「オールインの説明」に突っ込んでおきます。
 オールインは、テーブル上にあるチップをすべてポットに入れる行為、であって全財産を賭博につぎ込むわけではありません。
 また、1話と16話で登場するWSOPの決勝っぽい場面は、トーナメントなので参加者は全員一律の金額でエントリーし、一定量のチップを受け取りトーナメントに参加します。
 トーナメントは持ちチップをすべて失ったものから抜けていく方式なので、負けるときには必ず「オールイン」することになります。逆に言うと、一度もオールインせずに優勝、という状況もありえます。

【2007/10/15追記】
 なんとなくリンクを見直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)