« UbuntuでVMware Playerのアップデート | トップページ | ubuntuが自動アップデート後に起動しなくなった »

2015/02/15

Ubuntuのカーネルのアップデート

 VMware Playerが起動しない問題で、家人のPCも同様の対応を行っている時に、私のPCのカーネルのバージョンと一致しないことに気が付きました。
 "uname -r"の結果は、家人のPCは「3.13.0-45」で、私のは「3.13.0-29」。数字を見る限り、私のPCのカーネルの方が古い。こちらのサイトによると、カーネルのベースは同じだけれどABIが古いらしい。でも、自動アップデートは実行しているし、「なぜ」と思いながら、以前自動アップデートが正常終了しなかった時があったことを思い出しました。
 そのあたりが原因かな、と同サイトを参考に、

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

を実行しましたが、アップデートされません。
 そもそも、"apt-get update"を実行すると、「W: GPG エラー」「公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした」と表示されています。この件は、こちらのサイトを参考に解決しましたが、それでも、アップデートされません。

 他に、カーネルをアップデートする方法を調べた結果、"synapticパッケージマネージャー"を使用すれば良いことが分かりました。"synapticパッケージマネージャー"をUbuntuソフトウェアセンターでインストールして起動し、まずインストール済みのカーネルを確認するため、(どこかのサイトを参考に)"linux-image-"と"linux-headers-"を検索すると、imageはないのにheadersがインストールされているバージョンが存在することが分かりました。
 「これが問題だったのか」と、まずは現在のカーネル以外のパッケージを削除して、再起動し、更に最新の"linux-image-generic"をインストールして、無事にカーネルのアップデートを完了しました。

 失敗すると、PCが起動しなくなるので、やや緊張しましたが。

[追記]

 このあと、VirtualBoxで仮想マシンが起動できなくなりました。
 "/etc/init.d/vboxdrv setup"を実行しろ、と表示されたので、端末で実行したところエラーとなります。
 ググったところ、どうもカーネルのヘッダーファイルがインストールされていなかったことが原因のようなので、こちらのサイトを参考に、

sudo apt-get update
sudo apt-get install linux-headers-$(uname -r)

で手動インストールしました。
 その後、"/etc/init.d/vboxdrv setup"を実行することで、仮想マシンが起動できるようになりました。

|

« UbuntuでVMware Playerのアップデート | トップページ | ubuntuが自動アップデート後に起動しなくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55806/61138937

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuのカーネルのアップデート:

« UbuntuでVMware Playerのアップデート | トップページ | ubuntuが自動アップデート後に起動しなくなった »