« D7000の視野率約100%に期待した理由 | トップページ | D300sではなくD7000を購入した理由 »

2010/11/28

D7000でカスタム・ピクチャーコントロールを試す

 「D7000を購入したことと、ViewNX2その後の話」でD7000を購入した理由の1つに「ピクチャーコントロールを使用したい」と記載しましたが、正確には「カスタム・ピクチャーコントロールを使用したい」というのが理由の1つでした。
 Nikonが用意している6種類のピクチャー・コントロールを使用したかったわけではなく、ViewNXに付属の「Picture Control Utility」を使用して、自分で作成したピクチャーコントロールをカメラに入れて撮影してみたかったのです。
(念のため記載しておきますが、以降の話はRaw現像している人には、ほとんど関係ない話です)

 「D3」と「D300」から搭載されたピクチャーコントロールは、フラグシップ機に搭載されたという点から、以降のNikonの画像処理には必ず使用されるシステムだと理解しました。
 そこで、当時D40を使用していた私は、将来機種を変えたときに違和感がないように、D40ではRAW画像(NEFファイル)で保存し、ViewNXでピクチャーコントロールを変更してRAW現像するようにしていました(ちょっと変な考え方のような気もしますので、このことはいつか詳しく書こうと思っています)。

 「Picture Control Utility」では、Nikonが用意している6種類のピクチャーコントロールをベースに、「輪郭強調」「コントラスト・明るさ」「色の濃さ(彩度)」「色合い(色相)」を調整できます。私がもっとも使用したかったのは「コントラスト・明るさ」を「トーンカーブ」を使用して調整することです。

 「コントラスト・明るさ」をトーンカーブを使用して調整する方法は、詳しく解説しているサイトがいくつもあるのでそちらに譲りますが、私はニュートラルをベースにトーンカーブをS字にしてコントラストを強くしたものと、同じベースで逆S字にしてコントラストを弱くしたピクチャーコントロールを作成してみました。
 作成したピクチャーコントロールは「上書き...」ボタンで保存した後、「エクスポート...」でSDカードに出力し、そのSDカードを使用してD7000に設定しました。
 最初に「エクスポート...」を行なった際、SDカードはカードリーダーに挿入していたのですが、「ストレージメディアが見つからないか、メディアがご使用のカメラで初期化されていません」と表示され、少し戸惑いました。これは、「Picture Control Utility」がエクスポートする先は、カメラが用意するファイルPICCON01.NCPであるらしく、このファイルがないとエクスポート先が見つからないという状態になってしまうためのようです。SDカードをD7000でフォーマットした後、再びエクスポート作業を行なったところ、問題なくSDカードにエクスポートすることができました。
 SDカードにエクスポートしたピクチャーコントロールは、取説P.149の内容に従い、[カスタムピクチャーコントロール]画面で[メモリーカードを使用]を選び、[カメラに登録]を実行すれば登録できます。SDカードには99個のピクチャーコントロールを登録できるのですが、D7000に登録できるのは9個までだそうです。

20101128_001  ついでに、作成したピクチャーコントロールで撮影した画像も紹介しておきます。  右の写真は、トーンカーブをS字にしてコントラストを強くした写真です。

20101128_002  左の写真は、同じ場所で撮影したトーンカーブを逆S字にしてコントラストを弱くした写真です(シャッタースピード、絞り、ISO感度ともに、前の写真と全く同じです)。

 ずいぶん印象が異なるかと思います。
 今は、輪郭強調なども調整して、いろいろと試しているところです。

 ピクチャーコントロールは、RAW現像している人にとっては、特になくても良い機能だと思います。が、私のように撮影後のRAW現像が面倒だと思ってJpeg撮って出しを行なっている場合には、自分好みの絵作りができる「Picture Control Utility」とカスタム・ピクチャーコントロールの組み合わせは、とても便利な機能だと思ってます。

|

« D7000の視野率約100%に期待した理由 | トップページ | D300sではなくD7000を購入した理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55806/50152922

この記事へのトラックバック一覧です: D7000でカスタム・ピクチャーコントロールを試す:

« D7000の視野率約100%に期待した理由 | トップページ | D300sではなくD7000を購入した理由 »