« 「フェイク」書評 | トップページ | オンライン・ポーカーと法律 »

2004/10/04

「ツキの法則-「賭け方」と「勝敗」の科学-」書評

 競馬や宝くじなどで一攫千金を夢見ている人に、ぜひ読んでもらいたい本です。その夢がいかに無意味なものかを教えてくれます。
 この本を読んでいる途中、初めて宝くじを購入し、その結果を調べてたときに感じたことを思い出しました。「これは、当たらないな」と。それもそのはず、宝くじの控除率は53.6%。これでは夢をみることはできません。
 と、ここで「控除率」という言葉が分からない(ギャンブルをする)人にもこの本はお勧めです。ギャンブルは胴元が儲かるようにできていて、しかも、日本の公営ギャンブルは極悪な胴元が開催していることがよく分かります。
 ギャンブルは人生において、金銭をもたらすものではなく、さまざまな楽しみをもたらす娯楽であることを教えてくれる良書です。この本に書かれている内容を多くの日本人が理解したときに、日本人は真に余裕のある生活を送れるのでしょう。

ツキの法則-「賭け方」と「勝敗」の科学-」 著:谷岡一郎(PHP新書, ISBN4-569-55763-5)

|

« 「フェイク」書評 | トップページ | オンライン・ポーカーと法律 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55806/1594784

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツキの法則-「賭け方」と「勝敗」の科学-」書評:

« 「フェイク」書評 | トップページ | オンライン・ポーカーと法律 »